HISTORY沿革

 

華味鳥の誕生

昭和24年、博多東部の吉塚商店街で「とり善」という鶏肉の卸店で卸を担当していた河津善陽が、店舗の2階で店を開いたのが華味鳥の歴史のはじまりです。「水たきの美味しさの秘訣」は原点である鶏自身の美味しさにあることに気付き、自ら養鶏に携わり、「華味鳥」が誕生しました。

1949年吉塚市場にて創業
1965年(有)とり善設立
1972年唐津に処理場設立
1978年唐津処理場を(株)唐津トリゼンへ社名変更
1983年唐津第2工場設立
1987年福岡市博多区千代に会社設立
(株)唐津トリゼンを(株)トリゼンへ社名変更
(株)トリゼン多久工場設立
1988年オリジナル銘柄鶏「華味鳥」誕生
1993年トリゼンフーズ株式会社に社名変更
直販事業部設立
1995年(株)ケイ・アイ・シナジー(飲食部門)設立
1999年河津善博が代表取締役社長に就任
2002年トリゼン食鳥肉組合へ 唐津第2工場、多久工場合併
2003年トリゼンフーズ株式会社へ (有)とり善吸収合併
2004年第1事業部(箱崎配送センター)完成、移転
2008年株式会社ケイ・アイ・シナジーをトリゼンフーズ株式会社 飲食事業部として吸収合併
2011年6月博多区千代に新社屋完成
2015年10月河津英弘が代表取締役社長に就任
2018年3月糸島工場竣工
2019年10月トリゼンダイニング株式会社を設立(トリゼンフーズ株式会社から飲食事業と通信販売事業を吸収分割)